STEM教育の先生たちと研修&懇親会

先週STEMON(ステモン)の講師研修会および懇親会を行いました。

ステモンとは、当社が運営する幼児・小学生向けのSTEM教育スクールです。プリント学習ではなくブロックやロボット教材、タブレットなどを活用したものづくり型の学習スクールです。

この会の目的は3つあって、今年のレッスンの振り返りと来期の方針の共有、そして先生同士の交流でした。

私が普段みなさんと会えないので、日頃の感謝を直接伝えたいという気持ちもありました。

ステモンがはじめてワークショップを開催したのが2014年10月。2015年4月からは習い事として荻窪、武蔵境、千歳烏山とメガロス八王子店さんの4教室で開校しました。

2016年4月からはさらに教室も児童も増え、その運営をしてくれているのがこの先生たちです。

みなさん強い責任感を持って各教室を担当してくれています。

研修&懇親会は和やかな雰囲気でありつつも真剣なディスカッションができ、とても有意義な機会になりました。

みんなSTEM教育への思い入れと子供への愛情がたっぷりな人たちで、

  • 子供達の制作物が学習のねらいとずれた時にどう軌道修正するか?
  • 楽しくなりすぎてすごーーく騒がしくなることがあるけどどこまで許容しようか?
  • 講師向けマニュアルのレイアウトはこう変えて欲しい
  • 時間配分が難しいがどう工夫しているのか?

などなど、日頃みなさんが感じている課題を相談したり、良い工夫をシェアしてもらうことができました。

仲間と同じ方向に向かって良いものを創ろうと真面目に取り組むこういう時間こそが、自分にとって最も幸せな時間だとあらためて感じました。

そしてこの日はもう1つ嬉しいことが!

今STEMONの非常勤講師で、元有名私立中学・高校の数学の先生が来年から常勤社員になってくれることになりました。

以前からこの先生は授業内容や準備の姿勢が素晴らしく、ぜひ常勤になって欲しいなと思っていました。

前日にお好み焼きを食べながら「ぜひ来てくれませんか?」と話していたのですが、まさか翌日にOKのお返事を頂けるとは思っていませんでした。こうやって素晴らしい仲間が加わってくれる度に、必ず良いものをつくらねば!と身が引き締まります。

来年は新しい教材追加などもあり、カリキュラムも講師陣もますますパワーアップしたSTEM教育を提供できそうです。

前原小学校へ小学生向けプログラミング教育教材を提供

プログラミング教育に挑戦している小金井市立前原小学校の松田 孝校長先生に、当社のことを記事でご紹介いただきました。

【未来の「学び」プロジェクトー前原】 校長のプログラミング授業日記 その2

【未来の「学び」プロジェクトー前原】 校長のプログラミング授業日記 その2

STEMONは小学生向けのプログラミング・STEM教育のスクールで、実はSTEMONを運営する株式会社 ヴィリング の代表中村一彰さんには、前任校時代にプログラミングの授業を行っていただいた経緯がある。私が今年度、前原小学校でプログラミング授業を実施できるのも、中村さんの先行実践を見てきたからで、本当に多くの示唆をいただいた。

昨年度は松田校長のおかげで3,4,5,6年生向けに15時間ずつプログラミング授業を担当させていただき、試行錯誤の連続でしたが、とても大きな学びとなりました。

なにしろSTEMONのように自分の意志で通ってくる1クラス6名程度の子供に対するレッスンと、
プログラミングって何?
という公立小学校の児童30名に対する授業では、やり方が大きくります。

この機会を頂いたおかげで、
幼児・小学生に対するプログラミング教育の知見を深めることができ、
松田校長にはとても感謝しております。

公立小学校で70時間ほどの連続性ある授業を実施した人は今のところ日本では私だけでは?、ということで、
この経験を様々な場所に提供したり、情報を発信していこうと思っています。

近々このブログで、2015年度の愛和小学校で私たちがどのようなプログラミング教育を実施し、そこでどのようなことが起こったのかを詳しくご紹介していきます。

新しい仲間が加わりました

11月から当社に社員として新しい仲間が加わりました。
当社としては初の「元学校の先生」です。まだ若くて平成2年生まれ。

ヴィリングは2014年4月にスイッチスクールという
アフタースクール(いわゆる民間学童保育)からスタートしたこともあり、
社員の多くは”保育が好きで得意”という人です。

そこに元中学校理科の先生が入社してきてくれました。
まずは1ヶ月間マネジャーがメンターになりOJT中です。

教育のプロとはいえ民間企業で働くとなると少し勝手が違うと思いますが、
どうやら問題なく業務に取り組んでもらえそうです。

先週レッスンを急遽担当してもらったところ、それはさすがの一言でした。

今後は当社スタッフに元学校の先生や大手学習塾などで勤務していた人も増えてくると思います。
いままで以上にスイッチスクールとSTEMONの品質向上を進められそうで楽しみです。

子供達を惹きつける技術やレッスンをマネージする引き出しの多さは大変勉強になりました。

ステモンの講師募集を再開しました

キッズプログラミング&エンジニアリング教室STEMONでは、
現在20名ほどの講師が活躍してくれています。

ステモンはモノづくりを通じてものの仕組みやプログラミングを学ぶスクールで、
一般的な学習教室とは異なり、先生と生徒が一緒に試行錯誤を楽しむところが特徴です。

しばらく講師募集は中断していたのですが、
本日、ステモン講師の募集を再開しました。

「子供たちと一緒にものづくりを楽しみたい!」
「プログラミングを子供たちに教えてあげたい!」
「子供たちがロボットに触れる機会をつくりたい!」

ぜひこのような方の応募をお待ちしています。

<応募はこちら↓↓>

ヴィリングは設立4周年を迎えました

株式会社ヴィリングの設立は2012年10月10日です。

今日で丸4年が経ちました。
約4年間、いろいろありましたがあっという間でした。

私が前職、株式会社エス・エム・エスを退社したのが2012年8月のこと。

起業することだけを決めて会社を退職したので、はじめは何の事業をするのか定まっていませんでした。

当時は事業領域を、
「大きなマーケット」×「イノベーションの遅れ」×「社会貢献度」
という観点で模索しまして、

農業だ!と思い至り茨城県つくば市にある「みずほの村市場」に通わせてもらったり、

WEBマーケティング事業を構想しCGMサイトを作ってPV30万/月間くらいになったり、

ゴールドクレスト時代の知見を活かして中古住宅マーケットのプラットフォームやマンション管理会社向けのワンストップサービスを設計して営業活動をしたりしていました。

ところが、どの事業にも可能性を感じつつ「自分の心が沸き立ってこない」という状況でした。

事業が決まらないまま時間だけが過ぎ、半年が経過。
その間、マンションのローンと2人の子供がいながら無収入。

焦りが日々積もっていきました。

俗にいう中二病か?と頭をよぎりつつも、
自分が残りのキャリアを懸ける領域を納得するまで模索したいという気持ちでもがいていました。

あることをきっかけに「残りのキャリアはすべて教育に懸ける!」と決意するのですが、
設立から今までの経緯はいずれご紹介しようと思います。

ちなみに当時はこんなアパートの一室に1人で悶々とホワイトボードに立ち向かっていましたw

2012-10-21-16-55-40

現在は社員とパートスタッフさん(保育スタッフ・STEMON講師)の総勢50名の仲間とともに、
スイッチスクールとSTEMONを運営しています。

みんな子供たちに良い環境を作りたい!という思いが強く、頼もしい人ばかりです。

STEMON講師たち

STEMON講師たち

イベントの打ち上げ帰り。お酒好き多いw

イベントの打ち上げ帰り。お酒好き多いw

社員たち

社員たち

最近は特にマネジャー2名が現場を取り仕切ってくれるようになり、
私は会社の将来のことにたっぷり時間を使えるようになりました。

そのおかげで「MISSION」、「VISION2030」、「VISION2020」 を盛り込んだ事業計画もほぼ整いました。
まずはVISION2020に向けた体制を整えつつアクセルを踏んでいきたいと思います。

私たちがやりたいことは、日本の教育を一歩前に進めることです。

そのために「今の時代にFitする新しい教育のカタチ」を世に提案すべく、
足元を盤石に固めつつ果敢にチャレンジをしていきたいと思っています。

5周年という節目となる1年後を充実した気持ちで迎えることができるよう、気持ちを新たに取り組んでいきます。

内定式を行いました

先日内定式と研修、そして懇親会を開催しました。
来年4月はフレッシュな新卒が3名入社します。

2名はコーポレートサイトから直接問い合わせをしてくれて、
1名はWantedly経由での採用でした。

3名とも面接でたっぷり話をした末に、「良い人材!」と確信しオファーをしました。

内定式では何を話そうかな、と考えはじめると
伝えたいことがたくさん出てきます。

多すぎても記憶に残らないだろうし、
具体的なことは業務を通じて学んでもらうほうが良いので、
心構えについて1つだけ、

「信頼を積み重ね続ける旅がはじまりますよ」
ということを話しました。

adobestock_115681470%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e5%a4%89%e6%9b%b460%ef%bc%85%ef%bc%89

入社後は様々な職種や立場を経験すると思いますが、
いつ何をしていても、信頼を蓄積できているか否かで
その後に与えられる役割や仕事の充実感は大きくかわり、
おおげさにいうと人生の豊かさも変わることでしょう。

Excellent Credit Score

そして、信頼を得るために大切なことはなにか、
そのために具体的に何をすべきかも例を紹介しました。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

内定式のあとは、
LEGO Serious PlayⓇメソッドを活用したチームビルディング研修を行い、
内定者同士の相互理解を深めてもらいました。

dsc05418-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

このLEGO Serious PlayⓇはレゴブロックの様々な色や形に意味づけをして、
ストーリーを語るものです。
3名とも柔軟な思考や豊かな発想でプレゼンをしてくれて、ますます期待が高まりました。

当社は創業当初から毎年度新卒を採用しています。

スイッチスクール第1号の武蔵境校は、私と新卒3名でスタートしました。

会社の中長期的な成長のためには、
新卒採用が重要だと思っています。

最初に入社した会社には、良くも悪くも大きな影響を受けます。

組織のカルチャーを吸収し、
業務知識やスキルが備わってくる1,2年後には
メンバーを堂々と引っ張っぱる素晴らしいチームリーダーに成長してくれると期待してくれるでしょう。

実際に現在のスイッチスクール3校は2014年に入社した社員がスクール責任者として活躍してくれています。
懇親会では保育や送迎、管理部のパートさんたちも加わり、盛大な歓迎会に。
内定式では緊張気味だった内定者たちも、とても楽しそうな表情で参加していて安心しました。

働き方も年齢も様々ですが、皆で一丸になってスクールを運営していることを改めて感じられる瞬間でもありました。

来年4月に、また新しい仲間を迎えてみんなで良いサービスをつくっていきましょう。

スイッチスクールについて

logo_300px_color
ヴィリングは、
荻窪(杉並区)、
千歳烏山(世田谷区)、
武蔵境(三鷹市)にて
アフタースクールを運営しています。

▼送迎付き21世紀型アフタースクール
スイッチスクール

アフタースクールとはいわゆる
民間の学童保育です。

しかし私たちは民間学童だと思って
運営はしていません。

子供たちにとって有意義な学びの場にしたいと考えていて、

「歴史」や「文化」、
「サイエンス」「食育」
「Sports」「マナー・礼儀」
「プログラミング」など
様々なプログラムに取り組んでいます。

img_0458

2015-05-25-16-11-40%ef%bc%88%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e8%aa%bf%e6%95%b4%ef%bc%89

学校で過ごす時間は年間約1200時間、
放課後は1600時間。

この放課後を活用して
学校や受験勉強では育みにくい力、
しかし
情報・グローバル社会にでたあと大切な力
を育んでいます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

スクールの運営方針は
「安全」「リラックス」「夢中」です。

創造力を育みたい私たちは、少しでも長い時間何かに夢中になって取り組んでほしいと思っています。
本でも昆虫でもお絵かきでもどうぶつ将棋でも。
夢中の先に創造があると考えているからです。

%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%9d%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%bc

夢中になるには、安心して過ごせる環境であることが必須です。

そのためにスタッフは子供たちの良き理解者となり基本的にはすべてを受け入れ、
愛情たっぷりに接しています。

子供たちはのびのび、
スクールはいつもにぎやかに(さわがしい?w)

125576-01008-0021%e2%98%86

おかげさまで地域の方にご好評いただき、
すでに2017年4月の入会申込もいただきはじめています
(中には2018年4月入会予定の方も!)

2017年4月は西荻窪校にも新たに開校します。

スイッチスクール説明会予約
http://www.afterschool-lealea.com/inquiry

スイッチスクール TOPページ
http://www.afterschool-lealea.com/

今後も当社のことをご紹介していきますので、よろしくお願いします。

Viling 中村

ブログをはじめました

はじめまして、
株式会社ヴィリングの代表 中村一彰です。

このたび、会社やサービスについて興味を持ってくださったユーザーのみなさんや求職者の方向けに、当社のことをより深く知っていただこうと考えブログを開設しました。

私のキャリアは、教育学部で教員を目指すも、公教育の画一的な集団形成に違和感を感じ民間に就職することからスタートします。

大手企業で4年半、ベンチャーで7年半を経て2012年にヴィリングを創業しました。

ベンチャーでは新規事業に関わることが多く、「正解がない(もしくはたくさんある)中で会社にとっても社会にとっても良いものはこれではないか?」といつも考え、実践していました。

このような環境で求められる素養と、学校や塾で育む素養のギャップを感じるようになり、教育への問題意識が高まったのです。

そして2012年に、学校や塾では育みにくいけれども、これからの社会で大切な力を引き出す教育カンパニーをたちあげました。

このブログでは、私たちがどのような考えでどんなことに取り組んでいるのか。
そして子供たちと日々どのような活動をしているのかなどをご紹介していきたいと思います。

最近いくつかのメディアが私のことを記事にしてくださいましたので、合わせて読んでみてください。

エス・エム・エス マフィアを訪ねたらすごくいい人だった 株式会社ヴィリング
https://blog.inst-inc.com/visitedtosmsmafiabutaveryniceguy/

働き方を考えるメディア リンジン
http://rinzine.com/post-694/

ソダチバメディア
https://www.kids-island.biz/sakaitani/2017/11/21/forerunner-of-stem-education/

理数IT教育が特徴の民間学童スイッチスクールについて(ほいくらいふ放課後ナビ)
https://houkago.hoiku-me.com/guide/archives/858

Viling inc. Founder&CEO
中村一彰