Skip to content →

ヴィリング社長ブログ Posts

内定式(2020年入社)と全社研修

懇親会で集合写真

10月14日に、内定式と全社研修を実施しました。内定者たちにも全社研修に参加してもらい、ヴィリングについて理解を深めてもらうのと、一緒に会社の将来を考えるワークショップ(Lego Serious Play)にも参加してもらいました。

最近は、ヴィリングのサービスだけでなく会社の理念やVISIONに強く共感して応募してくれる人が増えてきました。これはとてもうれしいことです。

知識やスキルがどんなに高い人材でも、企業のカルチャーにフィットしていなければ採用はしない方針です。このカルチャーフィットに一番重要なのが、企業理念やVISIONへの共感だと思っています。

内定式での彼ら・彼女らの自己紹介や懇親会での様子をみて、改めてポテンシャルの高い人材がきてくれたなと思ったのと、

Comments closed

ベンチャーやアーティストが移住してくる徳島県神山町に来てみた

今日は徳島県の神山町にきています。山に囲まれたところ。台風の影響であいにくの天気だけど楽しんでます。

こちらはNPOグリーンバレーが中心となって、若者やベンチャー、アーティストなどの誘致が順調にいっているそうです。有名なベンチャーだと名刺管理アプリのsansan。

これまでの約30年間ほどのストーリーを事務局長の竹内さんに聞かせてもらいました。竹内さんは以前、炭谷さんが運営するラーン・ネットグローバルスクールの運営にかかわっていた方で、2013年以来にお会いできました。

神山町のお話は、とってもおもしろかった!

「光ファイバーや川に入りながらでも使える無線LAN、おしゃれな古民家などがある」というハードに目がいきがちだけど、一番の成功要因は人であり、人がつくってきたカルチャーだと。

Comments closed

学力に自信がない子供を自由にする

私が教育ベンチャーとして取り組んでいる最大の理由は、子供達を自由にしたいからと言って良いかもしれません。

ギリシャ時代にはリベラルアーツという7つの領域の学問があって、これがまさに人を自由にするための学問。

STEM教育は現代版リベラルアーツだと思って取り組んでいます。

今の子供たちは自由ではないのか? こんな出来事がありました。

先日、当社の新卒求人に応募してきた学生がいました。

その学生は3人兄弟で、自分だけが勉強を頑張って良い大学に行ったのです。

『兄と妹は勉強をしたがらなかったので良い大学に行けなかった。それを残念に思っている。自分と同じように勉強をしたら良い大学にいけたのにと。だから、子供のうちから勉強に向かう習慣や学力をきちんと身につけさせるヴィリングの事業に関わりたい。』

この話を聞いて違和感を持ったので、こう聞いてみました。

「確かに兄弟の中であなたは勉強ができて、学歴も高い。でも、だからと言ってあなたが兄弟で一番ハッピーな人生なの?」

Comments closed

令和元年、初心に返ります

巷では様々な盛り上がり方を見せていますが、2019年5月1日より新元号「令和」に改元が実施されました。

仕事で文書を作成する時は「西暦に統一した方が便利だよなー」と思っていましたが、645年から続く日本の重要な伝統と言える元号を、今後も大切に使っていきたいと気付かされる機会になりました。

このような節目は、これまでの自分を振り返る良い機会になっています。

Comments closed