令和元年、初心に返ります!

巷では様々な盛り上がり方を見せていますが、2019年5月1日より新元号「令和」に改元が実施されました。

仕事で文書を作成する時は「西暦に統一した方が便利だよなー」と思っていましたが、645年から続く日本の重要な伝統と言える元号を、今後も大切に使っていきたいと気付かされる機会になりました。

このような節目は、これまでの自分を振り返る良い機会になっています。

続きを読む →

本がいよいよ形になりました

来週15日に発売となる書籍「AI時代に輝く子ども」の見本が、CCCメディアハウスさんから届きました。

形になった姿をはじめて見てワクワクしています😁

昨日、「一番読んでほしい箇所は?」と聞かれたのですが、保護者向けにはいろいろと書いたのでどの章も読んでほしく選べず。。

教育関連の方には、4章(p200)の「先生の役割をアップデートするとき」だなと思いました。

「とある2つの図鑑の会社」を例に紹介していまして、
1つの会社は自社を「子どもたちにとって最高の図鑑を提供する会社」と定義していました。

もう1つの会社は自社のことを「子どもたちのあくなき好奇心を刺激し続ける会社」と定義していました。

時代の変遷によってこの2社がその後どうなったか?

それを学校の先生、そして私たち大人・親に置き換えるとどうあるべきか? を記載しているのと、「先生へのリカレント教育システム」を期待しています。

また同時に、”先生たちの素晴らしいスキル”は外には伝わりにくいということも書いています。

先日私の友人が、授業参観で親にみられる先生ってすごいプレッシャーだよね、と言っていました。

この友人は都心一等地に住んでいて、その地域の保護者はビジネスの第一線で活躍する人が多く、そんな人たちに一挙手一投足を見られるのは先生は相当なプレッシャーなのではないか? ということでした。(悪意なく)

これを聞いて、「あ、そう見えるのか」と感じたのですが、先生たちは技術的なことへのプレッシャーはあまり感じていないのです。

なぜなら、見られる緊張感はあっても、30人の子どもたちの学びを深めるためには、発問の仕方や45分間の進め方、前後の授業とのつながりや副教材などに秀逸なテクニックがたくさん散りばめられていて、それは高度な技術という自負があるからです。

実際に、保護者の中で30人相手にやれと言われてできる人はほぼいないでしょう。秀逸なスキルを先生たちは持っていて、それが外の世界の人には伝わらないのです。

学校の現場にも入った私は、先生たちの技術の高さを目の当たりにし、それをもっと外に知ってもらいたいと思って書いています。

教育批判≒学校批判になりがちですが、私はそれはできません。なぜなら先生たちのスキルはすごいから。

ということで、教育関係者の人たちには、視点をあげたほうがよいですよ、ということと、応援のメッセージを書いた箇所になっています。偉そうなこと言ってすみません!

(事前予約はじまりました!)