前原小学校へ小学生向けプログラミング教育教材を提供

プログラミング教育に挑戦している小金井市立前原小学校の松田 孝校長先生に、当社のことを記事でご紹介いただきました。

【未来の「学び」プロジェクトー前原】 校長のプログラミング授業日記 その2
http://kodomomirai.com/report/800.html

STEMONは小学生向けのプログラミング・STEM教育のスクールで、実はSTEMONを運営する株式会社 ヴィリング の代表中村一彰さんには、前任校時代にプログラミングの授業を行っていただいた経緯がある。私が今年度、前原小学校でプログラミング授業を実施できるのも、中村さんの先行実践を見てきたからで、本当に多くの示唆をいただいた。

昨年度は松田校長のおかげで3,4,5,6年生向けに15時間ずつプログラミング授業を担当させていただき、試行錯誤の連続でしたが、とても大きな学びとなりました。

なにしろSTEMONのように自分の意志で通ってくる1クラス6名程度の子供に対するレッスンと、
プログラミングって何?
という公立小学校の児童30名に対する授業では、やり方が大きくります。

この機会を頂いたおかげで、
幼児・小学生に対するプログラミング教育の知見を深めることができ、
松田校長にはとても感謝しております。

公立小学校で70時間ほどの連続性ある授業を実施した人は今のところ日本では私だけでは?、ということで、
この経験を様々な場所に提供したり、情報を発信していこうと思っています。

近々このブログで、2015年度の愛和小学校で私たちがどのようなプログラミング教育を実施し、そこでどのようなことが起こったのかを詳しくご紹介していきます。

ステモンの講師募集を再開しました

キッズプログラミング&エンジニアリング教室STEMONでは、
現在20名ほどの講師が活躍してくれています。

ステモンはモノづくりを通じてものの仕組みやプログラミングを学ぶスクールで、
一般的な学習教室とは異なり、先生と生徒が一緒に試行錯誤を楽しむところが特徴です。

しばらく講師募集は中断していたのですが、
本日、ステモン講師の募集を再開しました。

「子供たちと一緒にものづくりを楽しみたい!」
「プログラミングを子供たちに教えてあげたい!」
「子供たちがロボットに触れる機会をつくりたい!」

ぜひこのような方の応募をお待ちしています。

<応募はこちら↓↓>

ブログをはじめました

はじめまして、
株式会社ヴィリングの代表 中村一彰です。

このたび、会社やサービスについて興味を持ってくださったユーザーのみなさんや求職者の方向けに、当社のことをより深く知っていただこうと考えブログを開設しました。

私のキャリアは、教育学部で教員を目指すも、公教育の画一的な集団形成に違和感を感じ民間に就職することからスタートします。

大手企業で4年半、ベンチャーで7年半を経て2012年にヴィリングを創業しました。

ベンチャーでは新規事業に関わることが多く、「正解がない(もしくはたくさんある)中で会社にとっても社会にとっても良いものはこれではないか?」といつも考え、実践していました。

このような環境で求められる素養と、学校や塾で育む素養のギャップを感じるようになり、教育への問題意識が高まったのです。

そして2012年に、学校や塾では育みにくいけれども、これからの社会で大切な力を引き出す教育カンパニーをたちあげました。

このブログでは、私たちがどのような考えでどんなことに取り組んでいるのか。
そして子供たちと日々どのような活動をしているのかなどをご紹介していきたいと思います。

最近いくつかのメディアが私のことを記事にしてくださいましたので、合わせて読んでみてください。

エス・エム・エス マフィアを訪ねたらすごくいい人だった 株式会社ヴィリング
https://blog.inst-inc.com/visitedtosmsmafiabutaveryniceguy/

働き方を考えるメディア リンジン
http://rinzine.com/post-694/

ソダチバメディア
https://www.kids-island.biz/sakaitani/2017/11/21/forerunner-of-stem-education/

理数IT教育が特徴の民間学童スイッチスクールについて(ほいくらいふ放課後ナビ)
https://houkago.hoiku-me.com/guide/archives/858

Viling inc. Founder&CEO
中村一彰