書籍

いよいよ本が形に!

来週15日に発売となる書籍「AI時代に輝く子ども」の見本が、CCCメディアハウスさんから届きました。

形になった姿をはじめて見てワクワクしています😁

昨日、「一番読んでほしい箇所は?」と聞かれたのですが、保護者向けにいろいろと書いたのでどの章とは選べず。。

教育関連の方には、4章(p200)の「先生の役割をアップデートするとき」だなと思いました。

「とある2つの図鑑の会社」を例に紹介していまして、
1つの会社は自社を「子どもたちにとって最高の図鑑を提供する会社」と定義し、

もう1つの会社は自社のことを「子どもたちのあくなき好奇心を刺激し続ける会社」と定義していました。

時代の変遷によってこの2社がその後どうなったか?

それを学校の先生、そして私たち大人・親に置き換えるとどうあるべきか?

また、”先生たちの素晴らしい教科指導スキル・学級マネジメントスキル”は外には伝わりにくいということも書いています。

先日私の友人が、授業参観で親にみられる先生ってすごいプレッシャーだよね、と言っていました。

この友人は都心に住んでいて、その地域の保護者はビジネスの第一線で活躍する人も多く、そんな人たちに一挙手一投足を見られるのは先生は相当なプレッシャーなのではないか? ということでした。(悪意はなく)

これを聞いて、「あ、そう見えるのか」と感じたのですが、先生たちは技術的なことへのプレッシャーはあまり感じていないのです。

なぜなら30人の子どもたちの学びを深めるために、発問の仕方や45分間の進め方、前後の授業とのつながりや副教材などに込められたテクニックなどに自負があるからです。

保護者の中で30人相手にやれと言われてできる人はほぼいないでしょう。

秀逸なスキルを先生たちは持っていて、それが外の世界の人には伝わらないのです。

学校の現場に入った私は先生たちの技術の高さを目の当たりにし、それをもっと外に知ってもらいたいと思って書いています。

学校や先生への批判がメディアでよく見られますが、私はそれはできません。なぜなら先生たちのスキルはすごいから。

ということで、教育関係者の人たちに応援のメッセージを書いた箇所になっています。視点をあげたほうがよいですよ、という偉そうなことも書いてあるけど!

(事前予約はじまりました)

書籍を出版します!

書籍を出版することになりました。タイトルが決まりまして、

「AI時代に輝く子ども」

です。

表紙のデザインなども決まったようで、12月15日に発売となります。

まさか自分が本を出すとは、という思いです。

そういえば大学4年のときに「文藝春秋に入社してNumberのスポーツライターになりたい!」と出版社向け就活をしましたが、すぐに断念したことを思いました。思わぬ形で忘れていた夢が叶いました。

きっかけはステモンを導入してくださっているパートナーさんやお取引先の方から「本を出すべきです」よ、というアドバイスをいただいたことです。

その後、書籍の企画をしてくださった方が出版社に話を持ち込んでくださり、CCCメディアハウスさんからの出版が決まりました。(CCCメディアハウスさん、ありがとうございます)

8月ごろから編集の方たちとの打ち合わせを何度も行い、終盤は荻窪のビジネスホテルにこもって書いたりして、先週ようやく校了することができました。編集の方達がたくさんの作業をしてくださって、本当に感謝です。

図書コードが付与された書籍は全て国会図書館で永久保存されるそうなので、なんだか自分の生の爪痕を残した感じです。

さて、教育業界でサービスを開始してまだ5年弱の私が、なぜ本を書かせていただけることになったのかな? と振り返ると、

・ビジネスをどっぷり経験してきた(大手で4年、ベンチャーで7年、このベンチャーではIPOも経験)

・最近注目されてきたSTEM教育をベースにした教育サービスを日本で初めて開設した。

・日本ではじめて公立の小学校で計画的なプログラミング教育を実践し、現時点では公立小学校でのプログラミング教育実績が日本で一番多い(※売上や導入数ではなくて、専科、T1またはT2としての授業実践数→合計100時間はゆうに超えています)

・研究者や評論家ではなく、実践者という立場。

・公立小学校での勤務経験もある(2017年度に小金井市立前原小学校で5年生の理科専科)

こういった背景があるからだと思います。

キーワードにすると、

「ビジネス」「民間教育」「公教育×プログラミング教育」の”実践者”というわけです。

それぞれの個別テーマなら私よりも参考になる専門家がいますが、複数の領域をよく知った上でこれからのあるべき教育を必死に模索し、現実的な課題にも手触り感ある理解があり、リアルな教育事業を試行錯誤している人、となるとほぼいないレアキャラなのだと思います。

これらの領域をまたがった実践経験があり、毎日毎日毎日毎日・・教育のことを考えて実際にいろんなサービスを見つづけている私の頭の中を書き出しましたので、少なくとも3つ4つは「なるほどな」と思っていただけることがあると思っています。

読者の対象は、子を持つ保護者(特にママさん)としました。

教育関係者向けや、パパさん向けのほうが私は得意だと(自分では)思っているのですが、編集者のみなさんとの話し合いでママさん向けと決まりました。

なるべく堅苦しくないように心がけましたが、読みにくいところがあったらすみません。

先生向けではありませんが、「先生たちがいかに特別なスキルを持っているかを外の人には知られていないですよね、がんばって!」というエールも入っていますし、一方で「とはいえ先生たちも自分の役割を見直すべきですよね」というぼやきも書いています。

また、私が提唱している「ゼロイチ力」「初動力」と「コラボ力」などは、多くの社会人に共有したいことでもあります。

違うなーというところは読み飛ばしてくださいww 教育はみんな同じ考えだったらそれはそれでおかしいですからね。

読んでくださった方がどんな反応をされるかとても楽しみです。