昨日は前原小学校の離任式でした。
私は児童達との式には参加できなかったのですが、夜の先生方の歓送迎会に参加。

先生がたの懇親会はとても楽しいんです。
昨日も離任する先生に向けて送り出す先生方のユニークな企画盛りだくさんでした。

一番印象に残ったのは、

離任する音楽科先生を「IT企業MAEHARAが長年かけて開発したAIロボット」という設定で、送り出す先生がその製品の取り扱い説明書を読み上げられたことでした。

先生の魅力をAI製品に例えてPRしたり、”音楽祭では担任に指揮をさせるうえに、かなり高度な技術を求めることがあるから注意すべき、など使用上の注意点もあったり笑。会場は大笑いでした。

私も師匠である石井先生から贈る言葉をいただきました。
教育の幕末に例えて、松田校長が勝海舟で私が坂本龍馬、、というのはかなり盛りすぎで恐縮ですが、うれしかったです。(ちなみに石井先生は人斬りイゾウという設定w)

学校の先生たちとの懇親会に参加するといつも感じるのは、
段取りの良さ(スムーズな進行、テーブルには折り紙で兜を作った座席表、司会の練習や出し物の準備もすごい)と、教養を随所に感じるのと、愛情の大きさです。

特に愛情の大きさは先生たちお一人お一人から感じ、それが集まった”飲み会の愛情の総量”たるや、なんだかとても心地が良いのです。

勤務は終わりますので先生方とのご縁も遠くなるのが残念ですが、
機会あれば今後も学校現場に積極的に関わっていきたいと思っています。

あらためてこの1年間、貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。

一緒に離任する手島先生の写真を勝手に掲載(自分を撮影しなかったので)