優秀な学生の就活事情に触れて感じたこと

先日ステモンの講師を担当してくれている学生3名と食事をしました。

みんな内定が決まったので内定のお祝いに。

この3人はステモン立ち上げ当初から講師を担当してくれています。もう3年以上になる。

どんなに助けられたことかいいつくせません。今では社員か!というくらいの活躍ぶり。ステモン開設当時の(今となっては笑えるけどその時は一切笑えない)話しで盛り上がりました。

彼らを見ていると、「頭も良くて人柄も最高にいいやつがいるもんだな」と感じます。

そんな3人の内定先は大手自動車メーカー、大手専門商社、戦略系コンサルへ。優秀な人材なので色々選べるだろうと思っていましたから、内定先を聞いても全く驚きませんでした。

この3人には(冗談で)「ヴィリングに来るんでしょ」と1年ほど前から言っていました。でも来なかった笑

一応「なんでうち来ないんじゃ!」と聞いてみると、

「大手を選べるので大手にまずは行きたい」

とのこと。

なるほどね。確かに大手に行きたくてもいけない学生は多い。

彼らが大手に行けるのは本人のたくさんの努力に加えて、運と背負って来た遺伝子のおかげ。

その成果の1つに今の広い選択肢がある。大手の広いフィールドでぜひ活躍してほしいものです。

ちなみにこの3人のうち2人は、私が情報提供したことが就活に影響しているんです。

戦略系コンサルに決まったAくんは東工大の院生で、両親はメーカーのエンジニア。親の期待もあるし研究室の雰囲気から大手メーカーにいくのだろうと本人は思っていました。

でもそれに動機付いていませんでした。迷っている様子だった。

時々飲みにいった時にヴィリングの事業計画を見せたりビジネスの話をすると、とても興味を持って聞いてくる。

そんな彼だったので1年ほど前にSMS時代の元同僚と飲んでいる席に呼びました。いろんな刺激を受けたら良いと思い。

その飲み会の中で

「A君は戦略系コンサルが合っているんじゃない? ITに強いところの。」という話に。

「センリャクケイコンサル??」

SFCなら普通に出回っているであろう情報も、東工大にはない様子。

そこでアクセンチュアやボスコン、マッキンゼーなどがどんな仕事をしているのかを紹介し、若いうちにビジネスの視野を広げることと基礎スキルを叩き込むにはいいのではないかという話をしていました。

結果、彼は戦略系コンサルへ内定。

もう1人のB君は、1年ほど前に話した時に「文具が好きだから文具メーカーに行きたい」とのこと。

東京理科大で成績優秀でありながらコミュニケーション能力もとても高いし根性もある彼が、文具メーカーの営業をやりたいと言っていました。

営業を志向するのは、やりたいなら全然OKと思うけど「文具が好きだから文具メーカー」以上の視点がない。

「それならプラスのような文具業界でもチャンジ風土が高めの企業や、内田洋行のようなICT教育に積極的に投資をしている企業がいいんじゃないの?」というと、

「プラス? ウチダヨウコウ??」となったわけです。

結果、彼は話にあがった大手を受けて内定。

40歳になった私の学生当時は、教育学部ということもあって就活情報が少なく、しかもwebで就職情報がほんの少しで始めた時代だったので、「無知な状態で就活していたな」と振り返っています。

でも、いまの学生もさほど変わらないのではないかと感じました。

この原因はどこにあるのだろうと思い、なぜ情報が少ないのか? なぜ大手に行きたいのか? を聞いてみると、先ほどの、

「大手を選べるので大手にまずは行きたいっす」

ということと、

「回りの友達が大手に行きたい感を出すから、それがお互いに伝播し合う。じゃあとりあえず俺も大手に行きたい!という空気感を友達同士で作っている」

「おそらく大手のどこかにはいける。よって大手以外の情報を取りにいかない」

これを聞いて納得しました。

決して大手を否定するつもりはありません。

でも例えばベンチャーにいくという選択肢を考えても良いよね。

ふと、「スローガンの伊藤さんの所に顔出すように言えばよかったな」と思いました。

大手神話は根強い。公務員志向も。おそらくこの傾向はしばらく変わらないのでしょう。

みんながベンチャーを目指す必要はないし、ましてや学生起業するなんてほんの数パーセントだけど、それでも起業家としては彼らのような優秀な学生が良いベンチャーに就職する流れをもっと増やしたい。

ベンチャーだからこそできることも多い。

例えば銀行に就職して最後までその行員として勤め上げる人なんてほぼいない。リスクは何をリスクととるか。それは人次第なので、まずは選択肢を広げてから決めてほしい。

そのためには、

  • 大手の新卒一括採用システムを変える(yahooが30歳までOKとしたように)
  • 大学受験システムを変える
  • 雇用の流動制を高める

といった社会の仕組みの変化も必要だろうと思います。

彼らには、「今のヴィリングに来たら3年で相当成長できるし、一攫千金もあり得るのにね」と強がっておきました笑

彼らを見ていると、まだまだ日本は捨てたもんじゃないなと思います。

大手でものびのびと活動して成長してくれることを期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする